BMXサイクリング

BMXサイクリング

それはすべて最初の日光で始まる。ジャンプ一つでベッドから飛び出して、二本の足で着地する。突然、冒険をしたいという考えが頭に浮かぶ。日光を浴びた野原、緑色で生い茂った林、山の景色に広がる泥道、空気中のオゾンの香り、フレッシュでカリッとしたアスファルトの上を転げる雨で湿ったタイヤ、止められない、目眩がするような回転、空気中、またはフレーム上に着いた足、都会の景色、登ってジャンプするための階段、顔に当たる空気の感触、ペイントされたばかりのガードレールがあるぬかるんだ大通り、小道、十字形の公園、暗くて険しい路地、あらゆる景色の中を自由にヒュンと音を立てて疾走する感覚、自由を掴み取るため、そしてそれに飲み込まれるために走ること。

ようやくガレージに到着すると、それはそこにある。脂っこい空気の中で待ち構えていて、安全に隠された宝石のように暗闇でギラギラ光っている。そのクロムめっきした美しさを見るだけで、それが成し遂げてきた一つ一つの偉業を感じ取ることができる。その後すぐに、自転車のスプロケットとスポークが目眩のするような楽しさの渦を巻き起こし、通りを疾走していく。手でバーを握ってはいるが、指先でブレーキをかけることはほとんどない。触るだけでペースが落ちるようで怖いから。

そしてヘルメットがだんだん曇ってくる。近くまで来ているというサインだ。傾斜台はすぐそこ、ほんの数メートル先。BMXに乗って360度の空気で1日を始められれば、毎日は完璧だ。
 

112 BMXビデオはここに載せられています。


簡単な魔法
君はクランクを回す。こちらは動画を映す。無料で広告無しだ。
本当に?


















YouTubeビデオを追加する

ゲームにする



cancel